ナノジェネレーターのイメージ
(出典:Michigan State University)

指で画面にタッチ、スワイプなどの操作をするだけで電力を生み出して動作するスマートフォンの実現がまた1歩近づいた。米国のミシガン州立大学がこんな発表をした。

「ナノジェネレーター」という名で知られる装置を複数使い、指で画面に触れるまたは押すといった動作だけで20個のLEDライト、液晶タッチスクリーン、フレキシブルキーボードを稼働させることに成功したという。

この技術を応用すれば、バッテリーを長持ちさせ、1週間は充電器につながなくても使い続けられるスマートフォンなどを開発できるという。

ナノジェネレーターの素材はシリコンウエハー。銀、ポリイミド、ポリプロピレンフェロエレクトレットなどを用いた幾つもの層を重ねてできており、それぞれの層が荷電粒子を含んでいる。人間の手が触れて各層を圧縮すると、電力を生み出せる。

正式名称は「生体適合性フェロエレクトレットナノジェネレーター(FENG)」。紙と同じくらい薄く、さまざまな用途とサイズに対応する。今回、 LEDライトに電力を供給するために使ったものは手のひらサイズ、タッチスクリーンに電力を供給するために使ったものは指先ほどのサイズだった。

ワイヤレスヘッドセット、スマートフォンなどの機器に電力を供給する手段として非常に有望だとミシガン州立大学は説明する。

また面白い特徴としてナノジェネレーターは折りたたむほどに強力になる。1回、2回と小さくたたんでいくにつれ効果が高まるので、大きなナノジェネレーターを小さくまとめ、靴のかかとなどにしこみ、地面を踏むたびに電力を作りだす、といった使い方ができるそう。

研究成果は科学雑誌「Nano Energy」に掲載している。