NORADの強力な組織
NORADの強力なレーダー網がサンタを補足する。子どもの質問に答えるために!

クリスマスにトナカイに引かせたソリで夜空を飛び回り、恐るべき速さでプレゼントを配ってゆくサンタクロース。彼を追跡するため、今年も北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)などが「サンタトラッカー」計画を始める。

NORADは米国とカナダが共同運営する軍事組織。なぜそこが毎年サンタトラッカーを行うかというと、きっかけは1955年にとあるカタログ通販会社がクリスマスの催しとして、子ども向けの「サンタへの直通電話」を開設し、その広告にうっかり誤った番号を掲載したことにある。

通販会社の広告の間違い
通販会社が誤った電話番号を掲載し

番号は偶然にも、NORADの前身である中央防衛航空軍基地 (CONAD)司令長官のホットラインにかかった。だが当時の司令はあわてず、部下にレーダーでサンタの動向を確認させ、電話をかけてきた子ども達に伝えたのだ。

軍人と電話機のイメージ
軍のホットラインにつながった!

以来、半世紀以上にわたってサンタトラッカーは続いてきた。インターネット上では2011年までNORADがGoogleと一緒に公式サイトを運営してきたが、2012年以降は別々に立ち上げるようになっている。


12月初旬の時点では、まだサンタクロースが飛び立っていないので追跡は始まっていない。しかしNORADとGoogleそれぞれの公式サイトでは、色々と遊べる仕掛けが用意してあるので、待つあいだ退屈はしなさそうだ。

NORADのサンタトラッカー

NORADのサンタトラッカースクリーンショット
NORADのサンタトラッカー

まずNORADの方ではクリスマスにちなんだ無料のゲームが何種類も遊べるほか、伝統あるクリスマスソングが聴き放題、サンタクロースの実在性についての解説や空飛ぶソリのスペック表、NORAD公式のクリスマスグッズの通販コーナーまである。

スーパーマリオみたいなゲーム
スーパーマリオみたいなゲームもある

NORADが公開したサンタのソリスペック
サンタに関する資料も。NORADは長年の追跡相手であるソリのスペックを研究し尽くしている

Googleのサンタトラッカー

Googleのサンタトラッカースクリーンショット
Googleのサンタトラッカー

次いでGoogleの方はというと、クリスマスにちなんだゲームで簡単なプログラミングを学べるコーナーや、「Googleマップ」の地図から各国のクリスマス文化を一覧できるコーナー、「Google翻訳」を使ってサンタクロースの各国での呼び方を知るコーナーなどがある。

Googleのプログラミングの勉強ができるゲーム
Googleはプログラミングの勉強ができるゲームも用意

Androidアプリケーション
Androidアプリ版もある

どちらもクリスマス当日までどんどん内容は増えていく見通し。子どもは一日中見ていても飽きないだろう。大人も仕事や家事そっちのけで夢中になってしまいそうだ。