デジタルビデオカメラ「Outdoor Recorder(アウトドアレコーダー)EX-FR110H」
あえて190万画素の高感度CMOS素子を採用

暗所での撮影に向いた高感度のデジタルビデオカメラ「Outdoor Recorder(アウトドアレコーダー)EX-FR110H」をカシオ計算機が12月9日に発売する。

カメラ部分と、液晶画面付きのコントローラー部分を分離できるアウトドアレコーダーシリーズの新製品。

カメラとコントローラーが分離する形状
カメラとコントローラーが分離、遠隔操作できる

最大ISO51200での撮影が可能な高感度裏面照射1/2.8型CMOSセンサーを搭載し、暗がりでも明るい写真を撮影することが可能。洞窟探検やナイトサファリ、ナイトハイク、キャンプなどのアウトドアに活躍する。

撮影映像の鮮明さの比較

有効画素数は190万画素と、あえて抑えて1画素あたりの面積を大きくし、感度を高めた。同時にノイズを抑える専用回路を新規に組み込んでいる。また広角20mmレンズを搭載しており、風景などを撮影するのにも向く。

動画はFHD(30p)、写真は2M(1,920×1,080ドット)を記録できる。記録媒体は、microSDXCメモリーカードに対応する。

モニターは3.0型液晶。解像度は92万1,600ドット。防水・防塵(ぼうじん)で、本体サイズはカメラとコントローラー合体時で60.9×154.8×38.7mm。重さは約214g。オープン価格となっている。