1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」

「Xcape」は折り畳み電動バイク。公共交通機関の駅などから最終目的地まで移動する“ラストマイル”用の乗り物として開発された。

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
ラストマイル向け折り畳み電動バイク「Xcape」

その最大の特徴は1秒で折り畳み可能な点。後輪を足で固定しながらシートを上に引けば、一瞬で折り畳むことができる。折り畳んだ後は、サドルを持ってキャリーバッグのように引いて持ち運ぶことが可能だ。

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
特徴はわずか1秒での折り畳み
折り畳んだあとは、キャリーバッグのように持ち運べる

折り畳み時のサイズは47×30×101センチで、狭いエレベーターなどにも持ち込むことができるし、オープンカフェでテーブルの脇においても邪魔にはならない。重さは18.6キロと、多くのシティサイクル(いわゆるママチャリ)よりも軽量となっている。

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
オフィス内の小さなエレベーターにも対応

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
オープンカフェのテーブル脇に置いても邪魔にならない

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
抱えて階段をのぼることも

あくまでもラストマイル向けのなので、折り畳みや持ち運びを容易にすることにフォーカスした設計。走行性能では、最高速度が時速24キロで、航続可能距離は40キロと控えめな仕様になっている。駅からオフィスまでの移動であれば、これで十分ということなのだろう。充電に必要な時間は5時間。

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
走行性能は控えめ

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
モーターなので坂道には強い

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
フル充電に必要な時間は5時間

開発元のXcape E-scooterは現在、「Xcape」の市販化に向けクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、799ドルの出資で「Xcape Early bird」の入手が可能だ。入手に必要な金額はキャンペーンが進むにつれて上昇し、終了後の市販価格は1,499ドルになる予定。

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」
799ドルなら安い

日本の公道を走行するには、ミラーなどの保安部品を取り付け、ナンバーを取得する必要がある。だが、保安部品を取り付けたとしても、ナンバーを取得できるとは限らない点には注意されたい。

1秒で折り畳める電動バイク「Xcape」