2月27日、複数のユーザーが GMO 採用担当者から身に覚えのないメールを受信したというが、これについて、GMO では、メールの誤送信だとしている。

2月27日17時頃、GMO の採用担当者が応募者管理システムを誤操作したことが原因で、過去にリクナビやマイナビなどの採用サイト、紹介会社経由で応募、あるいはエントリしたユーザーのメールアドレスあてに、一斉に不採用通知が送信された、と GMO は同社の Web ページで公表した。

対象件数は2万3,397件、送信日は2月27日17:00頃、件名は「書類選考結果のご連絡」で、不採用を連絡する内容だ。

GMO では、応募・エントリ・紹介会社からの紹介について、2006年のシステム導入時から全情報を保持しており、その結果、このように大量の誤送信になってしまったのだろう。

なお、個人情報が流出した事実はない、とのことだ。