SAP ジャパン慶應義塾大学 SFC 研究所は、スポーツ分野でのビッグデータ活用を実証研究するイノベーションプログラムを開始した。

その第一弾として、スポーツアナリティクスを専門とする古谷知之研究室が、慶應義塾體育會蹴球部(ラグビー部)の協力を得て、試合分析、選手育成などのパフォーマンスマネジメントに取り組む。

SAP ジャパンは、国内外で行っている活動で得た知見を活かし、SFC 研究所と、スポーツ分野でビッグデータ活用を実証研究するイノベーション、「未来スポーツデザインプログラム」を推進していくことで合意した。

古谷知之研究室では、子どもから大学生までのラグビー選手の、長期的な育成プログラムを構築していくことを目指している。今回の取り組みでは、慶應義塾體育會蹴球部の試合分析を行う。

具体的には、ラグビーの練習と試合における選手のプレーを動画撮影し、トラッキングデータを大量に生成する。それを「SAP HANA Cloud Platform」に格納、「SAP Lumira」や「SAP InfiniteInsight」などのデータ分析ソフトウェアで、練習効果を測定したり、試合を分析する。

また、SuccessFactors のクラウドベースのタレントマネジメントソリューションも導入するほか、センサーなども練習に取り入れ、選手の長期的な育成を支援していく。