メールマガジン配信サービスのまぐまぐが、50代以上が対象のフリーペーパー『5L』(ファイブエル)を発行する 5L エンタテイメントと連携、メールマガジン『5L』の配信を開始した。

フリーペーパー『5L』は、吉本興業元常務取締役の木村政雄氏が編集長を務める、50代以上に向けたプレミアムマガジン。隔月の1日(偶数月発行)に、全国で12万部発行している。木村政雄編集長による「スペシャル対談」、地域特集「にっぽん日和」、室井佑月「連載コラム」などを掲載、「スペシャル対談」にはこれまで、矢沢永吉、菅原文太、瀬戸内寂聴、渡辺謙、田原総一朗、秋元康などの著名人が登場している。

メールマガジン『5L』でも「スペシャル対談」など、『5L』の人気コンテンツを無料で毎週発信していくという。特定の年代を対象にしたメディアを、メールでも展開していこうという狙いだろうが、はたして成功するだろうか。