楽天は、災害/人道支援のための募金プログラム「楽天クラッチ募金」で、次世代教育と環境に配慮する取り組みを支援する募金を開始する。

「楽天クラッチ募金」は、2011年から「楽天スーパーポイント」、「楽天カード」(クレジットカード)、 「楽天銀行」(現金振込)、「楽天 Edy(エディ)」(電子マネー)による募金を受け付けている。今回、次世代教育支援として社会的養護を必要とする子供への支援団体「公益財団法人 楽天未来のつばさ」、環境配慮への取り組み支援として森林再生を目指す「楽天の森プロジェクト」への募金を追加する。

「楽天未来のつばさ」への募金は、「自立奨学支援資金」に充てられ、社会的養護のもと成長した子供が高校卒業後に就職または進学する際の支度金として、1人につき15万円を、返済不要で提供するもの。

また、「楽天の森プロジェクト」 への募金は、国内の森林整備資金に充てられる。「楽天の森プロジェクト」は、継続的に森林を整備して、森林を再生し、正常な生態系を保てるようにする取り組み。