米国 Facebook は11月10日、「Facebook Messenger」アプリの月間アクティブ利用者数が5億人を超えた、と発表した。

Messenger アプリが公開された2011年以降、順調に利用者を伸ばしてきたようだ。

しかし、紆余曲折もある。

同社は今年4月、モバイル公式アプリからメッセージ機能を削除、メッセージ機能は単体アプリでのみ利用できるようにする計画を明らかにしていた。

また、7月からは、モバイル端末に Messenger アプリをインストールしていないユーザーに対し、メールや Facebook アプリで通知、Messenger をインストールするよう勧め始めた。

単体アプリをインストールしないと使えないようになったことで、ユーザーの間にはかなり不満が残ったようだが、全世界の Facebook ユーザーが約10億人と言われていることを考えると、その半分から受け入れられたのだ。

Messenger は、Facebook で初めて独立したアプリとして登場したもので、Facebook アプリと違い、メッセージという1つの機能に集中した作りとなっている。Messenger アプリでは、SMS のように友達と連絡が取れるだけでなく、スタンプ、動画、写真、グループチャット、無料音声通話など、SMS 以上の様々な表現方法がある。さらにスピードと安定性を高めるための改善も常に行っており、Messenger アプリは2週に1回程度の頻度でアップデートが公開されている。