Apple は8月22日、iPhone 5 の一部で、バッテリの駆動時間が急に短くなったり、頻繁に充電が必要になったりする可能性がある、と発表した。

対象となる製品は、2012年9月から2013年1月に販売された、特定のシリアル番号のもので、同社ではバッテリの無償交換に応じる。同社のサイトでは、シリアル番号を入力すると無償交換の対象製品かどうかわかるサービスを行っている。交換手続きは、米国と中国では8月22日から始まっているが、その他の国では8月29日から始まる。

バッテリを交換するには、Apple 正規サービスプロバイダに連絡する、Apple Store(直営店)に予約を入れる、Apple テクニカルサポートに問い合わせる、の3通りの方法がある。

このバッテリ交換プログラムは全世界共通のもので、iPhone 本体の最初の小売販売日から2年間、または2015年3月1日まで (いずれか期間の長い方)、対象となる iPhone 5 のバッテリに適用される。