サイオステクノロジーは、「Red Hat Enterprise Linux 7」(RHEL 7)のリリースを受け、「Windows Server 2003」を使用する企業に対し、「RHEL 7 Server」への「マイグレーション支援サービス」を開始する。

Windows Server 2003 は、2015年7月にサポートが終了するが、それに備えて、日本マイクロソフトでは、最新のサーバー/クラウド環境へ移行を支援する各種施策を実施中だ。また、NEC は「Windows 情報ポータル」を立ち上げ、富士ソフトでは「らくらくサーバー移行コンシェルジュ」を開設した。

しかし、SIOS が開始するのは、OSS のサーバーソフトウェア、RHEL 7 Server への「マイグレーション支援サービス」。「Red Hat OSS Integration Center」を通じて提供する。

今回、「マイグレーション支援サービス」の第1弾として、オープンソース・ソリューション・テクノロジと協力、「Samba」を利用した「Active Directory Server」から「Linux Server」へのマイグレーションを支援する。

Samba は、Windows Server の Active Directory 環境を Linux で実現するための OSS。最新バーション Samba 4 で、Windows で利用していた Active Directory 機能や使い勝手を踏襲でき、Windows クライアントのリモート管理ツールから Windows ユーザーなどを統合管理できるため、Active Directory 環境を低コストでリプレイスできる。