ドコモ・インサイトマーケティングNTT ドコモインテージは、さまざまなデータを解析して企業のマーケティング活動を支援するデータ管理プラットフォーム(DMP) を構築した。2014年7月中旬に事業を開始する。

同 DMP では、クライアント企業に対して、生活者の趣味嗜好や購買傾向等の解析データの提供、および企業の自社 Web サイトや外部のメディアを用いた生活者へのコミュニケーション支援を行う。

具体的には、インティメート・マージャーなどのマーケティング支援事業者がクッキーで収集している Web 閲覧履歴情報、インテージに登録されているモニター会員から得られたリサーチデータ、および NTT ドコモが保有する携帯電話の契約/利用に関する情報などを解析することで、ユーザーニーズや顧客像を掴み、生活者のインサイトの可視化や、既存ユーザーや見込み顧客に対するシームレスなコミュニケーションの構築などを行うという。

なお、NTT ドコモが提供するデータは、事業開始当初は DMP に組み込まれていない。9月頃を目途に、NTT ドコモが保有するデータの一部を、個別に同意を得た客の情報に限って、匿名化したうえで DMP を構成するデータに追加する見込みだという。

他社が提供するデータも、すべて個人特定性の低い情報に限られている。