メディア視聴行動分析サービスのニールセンは、米国市場における主要なスポーツに関するメディア視聴動向、広告トレンド、消費者傾向をまとめた『米国のテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向レポート2013年版』を発表した。

それによると、米国全土におけるテレビでのスポーツ番組の総放送時間は、過去10年間で232%、2013年の1年間に2億5,500万人が全国放送のスポーツ番組を延べ330億時間視聴、2003年の260億時間に比べて27%増加した。

また、インターネットでのスポーツコンテンツ利用時間も前年より増加している。2013年4月のスマートフォンからのスポーツ関連サイトコンテンツ利用時間の平均は、前年同月から15%増加、9月には、スポーツ関連サイトの PC からの利用時間は前年同月比で約25%長くなったそうだ。

同様に2012年と2013年との比較で唯一減少となっているのが、PC でスポーツ関連サイトを利用したユニークオーディエンス数だったが、これはスポーツコンテンツをスマートフォンから利用する人が急増していることが背景にあるようだ(スマートフォンでは4月は前年同月比47%、9月は同22%増加)。

スマートフォンからスポーツ関連サイトを見るユーザーが急増、ニールセンの米国調査
インターネットにおけるスポーツコンテンツ視聴動向