富士通エフ・アイ・ピーと凸版印刷は、ドン・キホーテの電子マネーサービス「majica」向けに、「サーバ管理型電子マネーサービス」と「ValueFront ポイントサービス」を組み合わせた、ハイブリッド型クラウドサービスを提供する。

富士通 FIP がドン・キホーテにポイント機能付き電子マネーサービスを提供
majica カードイメージ

majica はドン・キホーテグループ全店で利用できる電子マネー「majica マネー」と、会員限定特典やサービスを提供する電子マネーサービス。電子マネーカードを発行して利用する。 majica マネーは、1,000円単位で100万円まで入金が可能で、1円単位で利用できる。入金時に1%のポイントが付与され、1ポイント1円として利用可能だ。ドン・キホーテがいままで展開していた各種の会員カードは majica に統合され、特典サービスは維持される。同社のモバイルサービス「ClubDonpen」とも連携する。

majica 概要
majica 概要

「サーバ管理型電子マネーサービス」は、電子マネーの残高などを管理する「ギフトカード ASP サービス」を提供するもの。「ValueFront ポイントサービス」は、入会登録やポイント管理機能のほか、会員ランクに応じてボーナスポイントを付与したり、会員属性と利用状況を組み合わせた分析をしたりする機能を SaaS 型で提供するサービスだ。