YRP ユビキタス・ネットワーキングは、公共交通オープンデータの実証実験の一環として、公共交通施設情報サービス「ココシルターミナル」を3月末まで一般公開する。実験期間中は、アプリケーションを iTunes App StoreGoogle Play で無償提供する。

公共交通施設情報サービス「ココシルターミナル」をリリース、新宿駅など一部のエリアで情報提供実施
左がホーム画面、右が列車運行情報画面

同サービスでは、東京駅/新宿駅/羽田空港構内の一部の施設案内を行う。列車運行情報/駅時刻表/施設情報/フライト情報といった情報や、みどりの窓口のカウンターの空き状況、温度湿度などの環境情報といったリアルタイムな施設情報も提供する。

左が駅構内地図情報、右が店舗情報
左が駅構内地図情報、右が店舗情報

また、東京駅と新宿駅の一部構内には Bluetooth Low Energy(BLE)と NFC を内蔵した無線マーカー「ココシルマーカー」を設置する。BLE に対応したスマートフォンと接続して利用者の現在地を算出し、その位置に応じた情報提供や、乗り換え口の案内を行う「ココシルターミナルナビ」機能を提供する。

リアルタイム列車/バス情報提供システム「ドコシル2.0」も3月末まで無償で提供する。両アプリケーションの利用者に対するアンケートも実施中だ。