LINE は、東日本大震災からの復興に取り組む東北の子どもたちの活動を支援するため、無料メッセージ/通話アプリケーション「LINE」で利用可能な復興支援スタンプ「3.11こどもスタンプ」を発売した。LINE アプリケーションの「スタンプショップ」と、パソコン/スマートフォンからアクセス可能な「LINE ウェブストア」で販売している。販売価格は100円で、決済手数料を除く全額を寄付する。販売期間は2014年9月10日まで。

LINE、子どもたちのデザインした復興支援「3.11こどもスタンプ」発売
3.11こどもスタンプ

3.11こどもスタンプは、被災地の中学生以下の子どもたちがデザインしたもの。LINE は2月に実施した「3.11復興支援スタンプデザインコンテスト」を通じ、デザインのほかスタンプに関するエピソードや想いを募った。応募作品6,000件以上の中から24種類を選んで販売する。

LINE はこれら24種類のスタンプに関し、デザインしてくれた子どもがスタンプに込めた想いを公式ブログで紹介している。寄付金は、子ども支援国際 NGO「セーブ・ザ・チルドレン」に提供され、「子どもまちづくりクラブ」などの活動をサポートするために活用されるそうだ。

なお、寄付から差し引かれる決済手数料は、App Store の運営会社である Apple、Google Play の運営会社である Google、そして決済代行会社への各種決済手数料だという。

LINE ウェブストアの販売ページ (出典:LINE)
LINE ウェブストアの販売ページ
(出典:LINE)

LINE アプリケーションの画面 左:スタンプショップ 中:販売ページ 右:送信スタンプ選択画面 (出典:LINE)
LINE アプリケーションの画面
左:スタンプショップ
中:販売ページ
右:送信スタンプ選択画面
(出典:LINE)