リクルートライフスタイルは、ポイントアプリ「Air ウォレット」とクラウドレジアプリ「Air レジ」を使った観光地への誘客・地元店舗での購買促進施策を熱海エリアで開始した。2月14日時点で70店舗が参画しており、順次増える予定とのこと。実施期間は5月下旬を予定しているという。

この取り組みでは、同社が運営する宿・ホテル予約サイト「じゃらん net」の会員基盤を活かし、リクルートポイントが商店街で使える「観光地 O2O」モデルとして、熱海エリアの観光活性を推進する。

リクルートポイントを使った「観光地 O2O」施策、熱海エリアで開始
熱海で行われる O2O 施策の全体像

商店街店舗にはアプリ「Air レジ」が使える iPad を無償貸与し、熱海を訪れる観光客にはリクルートポイントのポイントアプリ「Air ウォレット」を無料提供する。これにより、商店街店舗がクラウドレジアプリ「Air レジ」にて会計時にポイントの利用処理を行うことで、リクルートポイントが使える・貯まる環境を整えた。

来店の動機付けとして、「じゃらん net」で宿泊予約したユーザーには、アプリ「Airウォレット」配布時にリクルートポイントを事前に無料付与する。また、GPS 機能などを利用し、特定の地域に近づいた人に、スマートフォンへ店舗情報やキャンペーン情報をプッシュ通知するという。

Air レジは、各種サービス業におけるレジ業務をスマートフォンやタブレットで行えるアプリ。利用料は無料。iPad2 以上、iPad mini、 iPhone 4s 以上 , iPod touch (第5世代以上)に対応している。