あなたは自分の E メールや Facebook を、家族や恋人に見られても平気だろうか?米国では、多くのカップルがオンラインのアカウントやパスワードを共有しているようだ。米国メディア TIME.com が伝えている。

米非営利調査機関 Pew Research Center の調査によると、夫や妻、恋人などがいるインターネットユーザーのうち、「オンラインアカウントのパスワードを、パートナーと共有している」と答えた人は67%に上ったという。また、E メールのアカウントを共有しているユーザーは27%、SNS のプロフィールを共有しているユーザーは11%だった。なお、アカウントやパスワードの共有は、10年以上連れ添っているカップルに多く見られたそうだ。

アカウントやパスワードを共有することは、 パートナーに対する信頼の表れともいえる。だが TIME.com は、カップルの関係が悪化した場合に起こり得る、アカウントの乗っ取りや“なりすまし”、プライベート画像流出などのトラブルを警告している。