インタースペースの「ママが最も使っている WEB サービス」に関するアンケートによると、最も利用率が高いサービスは「LINE」であることがわかった。同サービスは、昨年の同調査では3位。今回の調査では利用率が70%を超えており、LINE が日常生活に欠かせないコミュニケーションツールになったという。

ママ達が最も使っている Web サービスは「LINE」、70%超が利用
LINE がi位を獲得し、2位と3位は僅差だ

2位と3位には「クックパッド」と「楽天」が続き、、それぞれ昨年より順位をひとつ落としているが、利用率は増加している。通販サイトでは楽天の人気が高いが、10位の「Amazon」も利用率を年々増加させているという。また、「mixi」の利用率は昨年の約40%から26%へと大幅に低下したが、4人に1人が利用している計算で、依然一定の支持を得ているという。

モバゲーや GREE などのソーシャルゲームサービスは年々利用率が低下している
モバゲーや GREE などのソーシャルゲームサービスは年々利用率が低下している

また、スマートフォンの利用率は、2012年の第1回目の調査では23%だったが、今回の調査で84%に増加した。利用デバイスの変遷が利用するサービスの選択にも影響していることが推察されるという。

スマートフォン利用率の増加は著しい
スマートフォン利用率の増加は著しい

調査は同社のママ向けコミュニティサイト「ママスタジアム」のユーザーに対してアンケートを実施し、各ジャンルの代表的な Web サービスの中から、1週間に1回以上使っているものを選択する形式(複数選択可)とした。