米国のアプリ市場調査会社 App Annie は、2013年の iOS/Android アプリに関する調査結果「App Annie Index: 2013 Retrospective--The Top Trends of 2013」を発表した。

調査結果によると、世界における2013年アプリ売上ランキングで、ゲームジャンルではガンホー・オンライン・エンターテイメントの「パズル&ドラゴンズ」が、英国 King の「Candy Crush Saga」を抑えて1位を獲得。ゲームを除いた全ジャンルのアプリでは、LINE が提供するスマートフォン向け無料通話/メッセージアプリ「LINE」が1位となった。

NE&パズドラ、2013年のアプリ売上で世界を制す--そのほとんどは国内で?
2013年の iOS/Android アプリ売上ランキング
(左)ゲームジャンル/(右)ゲーム以外のジャンル
(出典:App Annie)

一方で、ダウンロード数ランキングでは、「WhatsApp Messenger」「Skype」「Facebook Messenger」といったメッセージアプリに続き、LINE は6位にランクイン。パズル&ドラゴンズに関してはゲームジャンルのランク外となっている。

2013年の iOS/Android アプリダウンロード数ランキング(出典:App Annie)
2013年の iOS/Android アプリダウンロード数ランキング
(左)ゲームジャンル/(右)ゲーム以外のジャンル
(出典:App Annie)

なお、日本は2012年から3倍以上の伸びを見せ、2013年のアプリ売上高が最も高い国となっており、日本国内のランキングによると、LINE とパズル&ドラゴンズの両アプリは、売上/ダウンロード数ともに1位を占めている。各ランキングの詳細な数値は公表されていないが、両者の売上はほとんどが国内で賄われている可能性が高い。
 
日本のアプリ売上は、この1年で3倍以上の伸びを見せた (出典:App Annie)
日本のアプリ売上は、この1年で3倍以上の伸びを見せた
(出典:App Annie)