本田技研工業(Honda)は、同社がこれまでに発表したコンセプトカーについて、外観デザインの 3D データを特設 Web サイト「Honda 3D Design Archives」で公開した。

Honda、新型「NSX」含む歴代コンセプトカーの 3D データ公開--3D プリンタで出力 OK
「Honda 3D Design Archives」Web サイト

公開されたのは、1994年から2013年までにショーなどで発表された「FSR コンセプト」(1994年)、「FUYA-JO」(1999年)、「KIWAMI」(2003年)、「PUYO」(2007年)、「NSX コンセプト」(2013年)の5車種。

あらゆる角度から 3D データを閲覧できる
あらゆる角度から 3D データを閲覧できる

3D データは同サイト上で閲覧できるほか、サイトから自由にダウンロードし、3D プリンタを用いてレプリケーションすることも可能。

3D プリンタでの出力イメージ
3D プリンタでの出力イメージ

今回の取り組みは、Honda の「ものづくり」への取り組み姿勢や思想を社内外で展開する「グローバル・ブランディング・プロジェクト」の一環。同社は、プロジェクトに触発されたユーザーの中から、優れた未来の自動車デザイナーやエンジニアが生まれてくることを願っているという。