MMD 研究所の調査によると、 早い時期から子供がスマートフォンに接触することに対し、約7割の母親が反対しているそうだ。

本調査は、「子供のスマートフォン利用に関する実態調査」として0歳から6歳までの子を持つ20代から40代の母親513人を対象に実施。子供が初めてスマートフォンで遊んだ年齢、子供と一緒に遊んだことがあるアプリのジャンル、子育て支援アプリの利用などについて聞いた。

「子供のスマートフォン利用に関する実態調査」、母親の約7割が早い時期からの子供とスマホの接触に反対
子供が早い時期からスマートフォンに接触することについて

子供が早い時期からスマートフォンに触れることに対してどのように思っているかについての質問では、「賛成」と「やや賛成」が合わせて30.6%がだったのに対し、「やや反対」が47.4%、「反対」が22.0%と反対側が合わせて69.4%にのぼった。

子供とのスマートフォン利用
子供とのスマートフォン利用

子供と一緒にスマートフォンを使って遊んでいるかという質問では、「よく使っている」が13.8%、「時々使っている」が32.9%で、合わせて46.7%の母親が子供と一緒にスマートフォンで遊んでいることがわかった。

子供と一緒に遊んでいるスマートフォンアプリケーションのジャンル
子供と一緒に遊んでいるスマートフォンアプリケーションのジャンル

また、子供と一緒にスマートフォンを使っていると回答した母親341人を対象に、一緒に遊んでいるアプリケーションのジャンルを聞いたところ、上位から「子ども向けのゲームアプリ(56.9%)」「動画アプリ(35.5%)」「知育アプリ(31.4%)」の順に並んだ。

また、フリー回答として設けた子供がスマートフォンを使ったおもしろエピソードの質問では、「スマホの写真にキスしていた」「いつの間にか使い方を教えてもらう側になった」などというユニークな回答が寄せられた。