メディアシーク日本郵便は、QR コードを掲示した郵便ポストを拠点とし、スマートフォン向けに地域情報を発信するサービスを2月1日から開始する。まず、京都府舞鶴市の協力のもと、舞鶴市内にある190か所の郵便ポストを対象に QR コード付きステッカーを掲示する。

困ったら赤ポストを探せ!舞鶴市、QR コード付き郵便ポストから観光情報など発信
舞鶴市の郵便ポストに QR コード付きステッカーが

サービスの利用には、メディアシークの提供するスマートフォン向け QR コード/バーコード読み取りアプリ「アイコニット」を使用する。利用者が同アプリで QR コードを読み取ると、ポストの位置情報をもとに、周辺の観光スポット、飲食店、トイレ、駐車場、災害時の避難場所などの情報を得ることができる。読み取った情報は同アプリ内に「アイコン」として自動保存され、その後は「アイコン」をタップするだけでいつでも最新情報へアクセスできるそうだ。

QR コードからポストの周辺情報が取得できる
QR コードからポストの周辺情報が取得できる

同サービスは日本語をはじめ、英語、中国語など6か国語に対応しており、海外からの観光客に対しても効果的な情報提供が可能になるとのこと。メディアシークは、日本郵便との連携をはじめ、今後、アイコニットを活用した地域情報発信サービスの強化・拡大を進めていくとしている。