東京ハイヤー・タクシー協会が、日本初の共通配車サービス「スマホ de タッくん」を開始したが、日本マイクロソフトは、この開発、販売の IT パートナーとして、クラウドサービス「Windows Azure」を提供、また技術支援なども行うそうだ。

「スマホ de タッくん」は、ユーザーがスマートフォンやタブレット、PC から、ユーザーに最も近い場所にいるタクシーを呼ぶことができるサービス。

東京のタクシー6,500台をスマートフォンから呼べる共通配車クラウドサービスが開始
「スマホ de タッくん」のトップページ

ユーザーがスマートフォンなどの GPS を元に指定する迎車位置情報と、タクシーの GPS のリアルタイムな動態情報を、「Windows Azure」に収集し、サービスに参加する複数のタクシー無線グループの車両のうち、ユーザーに最も近い車両を配車する。

このサービスは、東京23区、武蔵野市、三鷹市を対象エリアに、日本交通、大和自動車、共同無線の全車両と、チェッカー無線の一部の車両を合わせた計約6,500台で開始した。

さらに今後、チェッカー無線の全車両と、グリーンキャブ、日の丸自動車が順次対応し、2014年4月には計約9,200台で利用できる予定。

タクシー無線グループ各社によるアプリを使った配車サービスはこれまでもあったが、ひとつのエリアで複数のタクシー無線グループが共通のアプリを使い、配車サービスを行うのは、これが日本初となる。