アドビ システムズは、技術文書やポリシー文書など向けの、次世代シングルソース、マルチデバイスパブリッシングのオーサリングツールとなる「Adobe Technical Communication Suite 5」を発表、販売を開始した。

最新バージョンでは、XML/DITA オーサリング機能と総合的な DTD(Document Type Definition)に対応、規格準拠のテクニカルコンテンツ作成を合理化できるようになった。また、ワンクリックで HTML5、電子書籍、およびネイティブのモバイルアプリなどのフォーマットに出力できる。

今回のバージョンでは、Adobe Technical Communication Suite の主要コンポーネントすべてがアップデートされたそうだ。

Technical Communication Suite には、マルチチャンネル パブリッシングができるオーサリングソリューション「Adobe FrameMaker 12」、ワンクリックでレスポンシブな HTML5 コンテンツを生成、HTML5、EPUB 3、KF8、MOBI、CHM、PDF を含む17種類の出力フォーマットをサポートする、オーサリング/マルチチャンネル HTML5 パブリッシングソリューション「Adobe RoboHelp 11」が含まれる。

このスイートにはさらに、「Adobe Captivate 7」「Adobe Presenter 9」「Adobe Acrobat XI Pro」が追加され、eラーニングとデモ作成、ビデオプレゼンテーション、PDF 機能が一体化されている。

Technical Communication Suite 5 の価格は22万4,000円(アップグレード価格は 92,000円から)。FrameMaker 12 と RoboHelp 11 は単体でも販売され、価格はそれぞれ13万1,500円(アップグレード価格は5万2,500円から)。また、FrameMaker XML Author 12 も単体でも販売され、価格は5万2,500円(第1世代製品のためアップグレード価格はない)。いずれの製品も年間サブスクリプションとして利用できる。