1年365日をひとめで見渡し、残りが何日あるのかがすぐに分かる「一年が短く感じられるカレンダー」がひそかな話題だ。印刷用の PDF ファイルの他、 iPhone の Web ブラウザで開いてすばやく確認できるサイト版も登場している。

「一年が短く感じられるカレンダー」ひそかな話題に、 iPhone で使えます
シンプルで見やすいデザイン

このカレンダーを作ったのは、スマートフォン向けユーザーインタフェース(UI)デザイナーの将兵(@_shohei)さん。2014年1月4日に Twitter へダウンロード用の PDF ファイルを投稿すると、さっそくリツイートで話題が広がり、数千人がお気に入りに登録した。
1年365日がひとめで見渡せる
1年365日が1目で見渡せる

1年365日を A4 用紙1枚で見渡せるというもので、印刷して手元におけばスケジュール管理に役立ちそうだ。

これを見て、今度は Web アプリ開発者のあっきぃさん(@appstars_aki)が、ブラウザでいつでもこのカレンダーが見られるサイト「一目カレンダー」を作り、1月7日に公開した。

こちらは iPhone の画面で見やすく表示するよう設計してある。また土、日、祝日と平日で色分けし、過ぎ去った日はアニメーションで塗りつぶすようになっている。
 
iPhone でチェックしやすいサイト版も
iPhone でチェックしやすいサイト版も

自宅やオフィスに置いて予定を書き込むにはオリジナルのカレンダーを、出先で眺めるにはサイト版を、といった具合に使い分けてもよいだろう。