古い野球雑誌や、業界誌のバックナンバー、昔読んだ童話、手に入らなくなったトランジスタ回路のマニュアルまで、絶版書籍や雑誌100万点以上をデジタル化し、近くの図書館から無料で読めるサービスを、国立国会図書館が2014年1月21日に開始する。インターネット上にデジタル化した絶版本のリストも公開している。

絶版本・雑誌100万冊がデジタル化!近くの図書館で読める! 国会図書館がプロジェクト開始
絶版本・雑誌など131万点が近くの図書館で見られるように

国会図書館は、日本で出版された膨大な書籍や雑誌を収蔵しており、以前からこつこつとデジタル化を進めてきた。これまでは東京・永田町の本館や京都・精華台の関西館まで足を運ばないと閲覧できないものが多かったが、今後は近くの公立図書館や大学図書館でも読めるようになる。

この取り組みは「デジタル化資料送信サービス」という名前で呼ばれている。 具体的にどんな本や雑誌が読めるのかは国会図書館の公式サイトにリストがまとまっている。全部で131万点もあるため、全部見ていくとそれだけで日が暮れてしまうだろう。

国会図書館のサーバーから資料を各図書館に送信する
国会図書館のサーバーから各図書館に資料を送信する

一部の絶版本・雑誌については図書館で申し込むことで印刷したコピーを入手できるようになっている。本については1968年以前に出版したもの、雑誌については明治期―2000年のあいだに出版したものが対象となっている。

2014年1月10日時点で、全国93の図書館がこのサービスを導入予定。国会図書館は今後さらに協力する図書館の数を増やしていく考えだ。