マクロミルは、2014年に成人式を迎える全国の新成人500名を対象に「2014年 新成人に関する調査」を実施し、調査結果を発表した。調査実施日は2013年12月5日。同調査は2008年から毎年実施しており、今回で7回目となる。

まず、新成人が所有し利用しているデジタル機器を尋ねたところ、「ノートパソコン」が77%と最も多く、以下「スマートフォン(Android)」(45.6%)、「同(iPhone)」(33.8%)と続いた。2013年の前回調査と比較し、スマートフォンは両 OS とも上昇している一方で「携帯電話・PHS」は19ポイント下降している。

新成人の8割が LINE ユーザー、友達は10人前後--マクロミル調査
新成人が所有・利用しているデジタル機器

現在利用している SNS については、「LINE」が81.6%で最も多く、次いで「Twitter」(67%)、「Facebook」(48.8%)となった。前回調査より、「LINE」は27ポイント、「Twitter」は約10ポイント上昇。SNS 全体の利用率は9割にのぼる。

現在利用している SNS
現在利用している SNS

SNS が身近なものとなっている新成人だが、友達の人数を質問したところ、「10〜20人未満」が23.6%で最多となり、「友達はいない」と回答した人も7%いた。

ほぼ半数の人が友達20人未満
ほぼ半数の人が友達20人未満

なお、「友達がいる」と回答した463名にコミュニケーション方法について尋ねたところ、4段階レベルで「とてもあてはまる」と回答した割合は、「直接会うことが多い」が38.4%と最も高かった。一方で、「友達の Twitter のつぶやきや Facebook の書き込みを見ることが多い」も28.5%と3割近い数字を示し、「友達からアクションがない限り能動的にコミュニケーションをとらない」と答えた人も13%存在したという。