うるるは、同社が提供する、事務作業や翻訳などの仕事をする受注者と、仕事を外注したい発注者をマッチングさせるクラウドソーシングサービス「シュフティ」が、全国342の商工会議所/商工会が共同運営する商取引支援サイト「ザ・ビジネスモール」と提携すると発表した。

主婦向け事務系クラウドソーシングサービス「シュフティ」が全国商工会議所の商取引支援サイト「ザ・ビジネスモール」と提携
シュフティトップページ画像

「シュフティ」は、事務職の採用が難しかったり、繁閑の差がある企業などと主婦など在宅勤務のワーカーとのマッチングを支援する。同サービスに登録した主婦へのクラウドワーク教育や、能力判定テストによるワーカーの能力の数値化、全国自治体と行ってきた「ひとり親家庭等の在宅就業支援事業」などの実績などが評価され、提携に至ったという。

この提携により、「ザ・ビジネスモール」のページ内で「シュフティ」が紹介され、「ザ・ビジネスモール」の会員企業向けに全国で開催するセミナーで、「シュフティ」の活用方法が紹介される。また、同提携を記念して会員企業には、シュフティへの初回登録時に1,000円分のクーポンを配る。

ザ・ビジネスモールトップページ画像
ザ・ビジネスモールトップページ画像

「シュフティ」は来年1月以降全国でセミナー開催を予定しており、年間で50社以上の同サービス登録を目標にしているという。