ビクセンは、2013年11月末前後に肉眼でも見られる可能性のあるアイソン彗星について、観測に役立つ情報を広く提供する目的で「アイソン彗星観測応援キャンペーン」を実施中だ。同社の双眼鏡や天体望遠鏡などの対象製品に、「アイソン彗星ガイドブック」または「アイソン彗星位置情報入りポスター」を付属させている。

ビクセン、「アイソン彗星観測応援キャンペーン」でアイソン彗星ガイドブックと彗星ポスターをプレゼント
キャンペーンの付属品
左:アイソン彗星ガイドブック
右:アイソン彗星位置情報入りポスター

アイソン彗星は、2013年11月29日の近日点通過時に太陽に最接近する。その前後の明るさがマイナス等級になるとの予想もあり、今世紀最も明るい彗星として期待されている。有名なハレー彗星は楕円軌道で約76年ごとに太陽に近づくが、アイソン彗星の軌道は放物線を描くため太陽の近くに来るのは1回限り。そのため、今回の接近を逃すと二度と見ることができない。

近日点通過の29日前後数日は太陽に近すぎるために観測には適していないが、その後も長い尾をたなびかせる姿が観測できると期待されている。ただし、太陽は双眼鏡や天体望遠鏡だけでなく、肉眼で直接見ても失明する危険がある。太陽の近くに現れるアイソン彗星は日の出や日没の前後に観察することが多いので、十分注意しよう。

同キャンペーンの対象製品は、双眼鏡、天体望遠鏡、フィールドスコープ全品。付属するアイソン彗星ガイドブックは、彗星の正体やアイソン彗星の観測方法、撮影方法などを、ビギナーにも分かりやすく解説するという。もう一方のポスターは、表面に過去話題となった7つの彗星の写真を掲載し、裏面にアイソン彗星の観測方法などを記載している。

なお、ニワンゴは「ニコニコ生放送」でアイソン彗星のようすを放送中。また、アイソン彗星の観測に適した場所を探すには、「マピオンモバイル」の「天体観測特集」が役立つろう。