日本マイクロソフトは、日本テレビ放送網のソーシャル視聴サービス「JoinTV」に利用されているテクノロジを他の放送事業者にも提供し、オープンプラットフォーム化を支援すると発表した。

日本マイクロソフト、日テレ「JoinTV」のオープンプラットフォーム化を支援
「JoinTV」が提供するオープンプラットフォーム

JoinTV に利用されているマイクロソフトの技術はクラウドプラットフォームや、ユーザーのログデータ分析など。これにより、スマートフォンやタブレットなどをセカンドスクリーンとして、テレビ番組とソーシャルメディアを融合させた視聴体験を提供している。

日本マイクロソフトは、このシステムの外販における営業活動連携などにおいて、支援を行う。具体的には、JoinTV のクラウドプラットフォームの Windows Azure への移行・運用を支援、それによって得たユーザーのログ分析に「Microsoft SQL Server 2014」を早期導入し活用するため、技術協力を行う。また、検索エンジン「Bing」を活用した共同技術検証も行うという。