スマートフォンは近い将来、利用者の習慣や日課をベースに行動分析し、利用者が次に何をするか、何を購入するかを予測できるようになるという。IT リサーチ企業 Gartner による最新のレポートが伝えている。

同レポートは、クラウドを活用した利用者の行動を分析する技術「コグニザントコンピューティング」により、スマートフォンができることは進化し、かつその分野も広がっていくと述べている。Gartner のリサーチ担当 VP である Carolina Milanesi 氏は、声明で次のように説明している。

「スマートフォンはより“スマート”になり、2017年には人間よりも賢くなるだろう。もし、渋滞が発生していれば、スマートフォンは利用者をいつもより早く起きるように促し、上司とのミーティングに遅刻することを防いでくれる。ミーティングが同僚とのものであれば、早く起こすかわりに、お詫びのメッセージを送信する。スマートフォンはカレンダー、センサー、利用者の場所やデータから状況を理解するようになるのだ」

レポートは、「コグニザントコンピューティング」で自動実行されるサービスは、最初は単調な仕事や、無駄に時間を取られる仕事を手助けするものになると予測している。例えば、リースしている車の年間契約の延長、毎週の「To-Do リスト」の作成、誕生日祝いの送付、定型的な E メールメッセージへの代理応答などだ。

「携帯電話は、2つの要素によって“スマートフォン”となった。2つの要素とは、『テクノロジー』と『アプリ』だ。テクノロジ―は、携帯電話にカメラや位置情報機能やセンサーを組み込んだ。アプリはこれらのテクノロジーを活用し、我々の毎日の生活を、ソーシャル、知識、エンターテインメント、生産性などの面で向上させている」

2017年までにモバイルフォンは人々よりも賢くなる。だが、それはスマートフォン自身の持つ知性によってではなく、クラウドとクラウド内のデータを活用し、利用者に対して意味のある情報を提供可能にする「コグニザントコンピューティング」によって実現する。だが、利用者からは、スマートフォン自身が賢くなったように見えると、レポートは伝えている。

一方、レポートはクラウドによる利用者の習慣や日課の収集に対する懸念にも触れている。また、個人情報をスマートフォンやその背後にあるクラウドベースの 「コグニザントコンピューティング」システムに提供することをどう感じるかは、年代や居住地域によって大きく違うともしている。

「スマートフォンは我々のデジタルな秘書となるだろう。だがそれは、利用者が必要な情報をスマートフォンに提供した場合に限られる」

単調な作業をスマートフォンに“アウトソース”するケースが増えるに従って、消費者は徐々にその状況に慣れ、より重要な作業や判断も任せるようになっていくだろう。そうやって、我々は徐々に「コグニザントコンピューティング」の時代に突入していくのだと、レポートは述べている。