IDC Japan は、国内市場における PC/タブレット/スマートフォンの所有者を対象に利用実態調査を行った。その結果、PC の夜間の利用率は約6割で、タブレットやスマートフォンに比べて依然として高いことなどがわかった。

3つの機器を全て所有しているユーザーの平日の時間帯別の利用率は、PC は夜9時台がピークで約6割、夜の11時台でも約5割となっており、他の機器に比べて依然として利用率が高い。タブレットは夜10時台がピークで約4割、独身者では4割強で利用率が高い。タブレットは閲覧性/視認性が重視される用途(電子書籍の閲覧、ビデオ視聴、写真閲覧、地図検索)で特徴的な結果が示され、PC やスマートフォンとは使い分けが進んでいることが確認された。スマートフォンは通勤時間や隙間時間帯での利用率が高く、昼の12時台がピークで約6割だった。

また PC の買い替え期間についての調査では、現在は4.5年で、今後は4.8年と長期化する傾向となっている。タブレット所有者は4.2年が4.6年に、タブレット非所有者では5.1年が5.2年にそれぞれ長期化する結果となっている。タブレット所有者のほうが長期化する期間が長いものの、サイクル自体は短いことが確認された。タブレット所有者のほうが、PC において先進的な要素が導入されれば、受け入れられる可能性が高いことを示唆しているという。

国内 PC/タブレット/スマートフォン利用実態調査
国内 PC/タブレット/スマートフォン利用実態調査