日本マイクロソフトは、富士通子会社でデータベース関連事業を行うジー・サーチと、「ソーシャルメディア分析サービス GARNET(ガーネット)」を、11月18日から開始する。Microsoft Excel をフロントエンドに使用し、Windows Azure に展開する。

初期導入費用は10万円、サービス利用は月額10万円からで年一括払い。Windows Azure の利用料金も含まれている。今後3年間で5億円の売上を目指す。

「ソーシャルメディア分析サービス GARNET」は、Facebook や Twitter などのソーシャルメディアから発信される情報を蓄積/収集/分析するサービス。ユーザーは Excel から直接このサービスにアクセスできる。

Excel は、ユーザーが使い慣れたユーザーインターフェイスであるため、トレーニングが不要。必要なグラフだけを Microsoft PowerPoint や Microsoft Word に転記できる。サーバーからデータをダウンロードした後で Excel ファイルを保存すれば、オフラインでも分析作業ができる。

ジー・サーチのビジネス情報データベースやビッグデータ、ユーザーが保有するデータとも相互連携できる。

また、申込み以降のソーシャルメディアデータはクラウドに蓄積され、いつでも分析できるが、申込み以前のソーシャルメディア過去データの分析はオプションサービスとなる。

日本マイクロソフト、ジー・サーチと  Azure クラウドでソーシャルメディア分析サービス
画面イメージ