山陰信販は、2013年の“神在月”を記念した商品として、出雲大社本殿が描かれた Edy カードと縁結び箸をセットにした「縁づくし」を、11月11日に数量限定で発売する。価格は4,800円。山陰信販 Web サイト・ひらの屋大社店などで購入できる。

出雲大社が描かれた Edy カード限定発売、今年の“神在月”記念で
数量限定「縁づくし」

「縁づくし」は、出雲大社本殿が描かれた「出雲大社 Edy カード」およびカードケースと、縁結び箸で有名な明治40年創業『ひらの屋』(島根・出雲)による“八雲立つ出雲”をモチーフにした「縁結び箸(二膳)」のセット商品。

カードケースには本殿天井の“八雲之図”が描かれており、縁結び箸は島根県「縁結び観光協会」がパワースポットとして認定する「縁結神社」にて縁結びの祈念がなされているという。

なお神在月(かみありづき)とは、旧暦10月(今年度は新暦の11月)に全国の神々が出雲の国に集まるという言い伝えから名付けられたもの。他の土地では神様が留守になるため「神無月」となるが、神々が集まる出雲は「神在月」と呼ばれ、様々な神事が執り行われる。2013年の「神在月」の行事は11月12日〜28日に実施される。