ウェザーニューズは、「しし座流星群」が11月17日から18日にかけて極大(流れ星の出現数がピークを迎えるタイミング)となることから、当日の天気傾向を発表するとともに、特設ページ「しし座流星群2013」を開設した。17日の気圧配置は西高東低となり、太平洋側は晴れて絶好の条件になるという。また、北日本の日本海側から山陰にかけては雲が多く、雲間を狙えば流星の見えるチャンスがあると予想する。

ウェザーニューズ、「しし座流星群」観測ピーク17日の天気傾向を発表、当日は全国7か所から生中継
「しし座流星群」当日の天気を発表
(出典:ウェザーニューズ)

しし座流星群は、毎年11月中旬に出現し、条件が良ければ1時間あたり10個程度の流星を見ることができる。2001年に大出現したことで有名となった。最近は出現数が落ち着いているが、火球(一般的に光度が概ね−4等級よりも明るい流星。−4等級とは最も明るい時期の金星程度)のような「大物」に出会えるチャンスがあるので見逃せない流星群。

観測チャンスは17日23時から18日5時ごろ。ピークは18日1時ごろ。17日の夜は西高東低の冬型の気圧配置となり、太平洋側は晴れて広い範囲で流星観測を楽しめる見通し。北海道北部は雲に覆われるため観測は難しいそうだ。北海道の日本海側から山陰にかけても雲が多く、観測は雲の隙間からとなる見込み。

同社は、ライブ放送番組「SOLiVE24」で特別番組を放送し、全国7か所から流星群のようすを生中継する。同番組は、スマートフォン用アプリケーション「ウェザーニュースタッチ」、パソコン向け Web サイト、BS テレビ「BS 910Ch」で視聴できる。さらに、流星のようすはニワンゴのライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」でもリアルタイム配信する予定。

また、ウェザーニュースタッチの「星空 Ch.」において、中継映像で流れた流星のようすを3分以内にスマートフォンへプッシュ通知する有料サービス「流星キャッチャー」を提供する。

ウェザーニュースタッチの「星空 Ch.」
ウェザーニュースタッチの「星空 Ch.」