KDDI は、未来の携帯電話/スマートフォンのあり方を創造するためとして、一般ユーザーとアイデア交換する Web サイト「au 未来研究所(A.U.F.L.)」を開設した。同社は同サイトを「仮想オープンラボラトリー」と位置付けており、ユーザーには「研究所員」として参加してもらう。参加料は無料。Facebook または Twitter のアカウントでユーザー登録できる。

KDDI、未来の携帯電話/スマホを創造する仮想ラボラトリー「au 未来研究所」開所
au 未来研究所

au 未来研究所では、パートナであるスティーブンスティーブン(STST)の共同 CEO を務めるアニメーション監督の神山健治氏が中心となって制作したアニメーションを公開。未来のデバイスやコミュニケーションのあり方を、分かりやすく伝えるという。研究所員となったユーザーには、同研究所の「極秘研究情報」などを開示するとしている。

「研究所員」には「極秘研究情報」が開示される
「研究所員」には「極秘研究情報」が開示される

また、ユーザーからアイデアを募り、それを未来の携帯電話/スマートフォン開発に活用する取り組みも実施する予定。