アドビ システムズは、SNS を利用している10代から40代までの男女824人を対象に、「SNS におけるプロフィール画像に関する意識調査」を実施し、結果を公表した。同調査によると、「自分の写真」を SNS のプロフィール画像に使用している人の割合は20代が最も高く、10代と40代では過半数に至らなかったという。

調査期間は10月9日〜10月16日。調査方法はインターネットによる。利用対象の SNS は、Twitter/Facebook/LINE。

まず、SNS のプロフィール画像に「自分の写真」を使用している人の割合は、全体で50.9%となった。世代別では、20代が最も高く63.6%、次いで30代で53.4%、10代と40代で43.2%。また、男女別では女性が53.4%だったのに対し、男性は48.3%と、わずかに女性の方が上回った。

SNS のプロフィール画像事情をアドビが調査--「自分の写真」を使う人は20代に多い
プロフィール画像に「自分の写真」を使用している人の割合(男女・年代別)

さらに、男女世代別でみると、20代女性が68.9%と高い割合だったのに対し、40代女性はわずか38.8%で大きく差が開いた。男性は、20代(58.3%)と30代(56.3%)の割合が高かったのに対し、10代では31.1%と、女性とは逆に若い世代での割合が低くなったという。

一方で、調査対象の SNS(Twitter/Facebook/LINE)ごとにプロフィール画像を変えている人は全体のおよそ6割となり、各 SNS に合わせて使い分けている人も多いようだ。

SNS のプロフィール画像をどのように設定しているか
SNS のプロフィール画像をどのように設定しているか

なお、自分の写真を使う人は Facebook と LINE で多く、そのほかのプロフィール画像では「好きなキャラクター」や「動物の写真(ペット)」など、愛着のあるものが多く挙げられたそうだ。