バリューコマース博報堂 DY ホールディングス博報堂 DY グループ・O2O ソリューションスタジオは、アフィリエイトの成果対象を、リアル店舗での商品販売実績まで拡大した新サービス「O2O マストバイ・アフィリエイト」を共同開発し、提供を開始した。

O2O マストバイ・アフィリエイトは、リアル店舗におけるマストバイキャンペーン(商品購入が応募条件となる販促活動)の応募実績に応じた成果報酬システム。バリューコマースと博報堂が共同で取得した国内特許を活用しているという。

同サービスでは、生活者がアフィリエイトバナーを経由して特設サイトで行った事前登録の情報やアクセス履歴と、店頭で商品を購入した後のキャンペーンへの応募情報などを照合。アフィリエイト広告の掲出サイトごとに獲得したキャンペーンの応募数を把握し、実績に応じて広告主が掲出サイトに対して成果報酬を支払う仕組みとなっている。

アフィリエイトの成果対象をリアル店舗まで拡大--バリューコマースと博報堂 DY が共同開発
サービス利用の流れ

広告主は、サイト単位で店頭でのマストバイキャンペーンの費用対効果を知ることができ、アフィリエイトの活用に役立てられるほか、店頭と EC を横断的に活用したマストバイキャンペーンを実施することも可能。

また、生活者側は、商品パッケージに貼られた QR コードやシリアルナンバーを使用してキャンペーンに応募するため、ハガキや購買証明などを送付するといった、従来のマストバイキャンペーンに付随する手間を省けるという。