サイバーエージェントは、同社が運営しているアバターを使ったコミュニティ サービス「アメーバピグ」において、10月22日より18歳以上と18歳未満のユーザーが利用できる仮想空間を分けると発表した。18歳以上のユーザーのみ利用可能サービスと18歳未満専用サービスの2つに分離することで、両者の交流を分断し、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防ぐ考え。

アメーバピグにおける青少年保護策の一環として、同社は2012年4月より15歳以下のユーザーにコミュニケーション機能を提供しない利用制限を設けてきた。今回アメーバピグで18歳以上と18歳未満がそれぞれ利用可能なサービスを分割する。これにともない、15歳以下のユーザーに対するコミュニケーション機能の提供を再開する。