インターネット利用状況調査会社のビデオリサーチインタラクティブは、2013年9月末に発刊した、スマートフォンユーザーとタブレットユーザーのアプリ/専用サイトコンテンツ利用状況調査レポート「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.05」より、マルチデバイスでの主要動画サービス利用状況をまとめた。

集計対象となったサンプルは、PC インターネットかつスマートフォンユーザー4,651人。そのうちの943人はタブレットユーザー。調査対象となった主要8動画サービスは、YouTube、ニコニコ動画、FC2 動画、GyaO!、Dailymotion、Ustream、パンドラTV、Hulu。

主要8動画サービスのいずれかを週1回以上利用している割合(利用率)をみると、PC では39%、スマートフォンでは32%となっている。タブレットでの動画サービス利用率は25%(全体比では5%)。

F1 女子は主にスマートフォンで動画を見る―ビデオリサーチの3デバイス動画サービス利用調査
各デバイスユーザーの主要動画サービス週1回以上利用率

また、3デバイスいずれかでの動画サービス利用率は全体で49%と、ほぼ半数に達している。

性/年齢別でみると、特に男女15〜19歳のティーン層で65%と相対的に高いのが目立つ。また、男女とも若年層ほど利用率が高い傾向にある。なお、PC での利用をベースにすると、スマートフォン利用によって全体での動画サービス利用率は9ポイント増加していることになる。この伸び率は、男性より女性のほうが大きい。

これを、タブレット所有の有無でみると、タブレットも所有している3デバイスユーザーでは53%の利用率を示し、タブレットノンユーザー(48%)を上回った。チャネルが増えることによる動画サービス利用機会の拡がりが窺い知れる。

3デバイストータルでの主要動画サービス週1回以上利用率
3デバイストータルでの主要動画サービス週1回以上利用率

PC とスマートフォンに限って、主要動画サービス週1回以上利用者の利用デバイスの重複状況をみると、全体では48%が重複利用であり、PC のみでの利用が33%、スマートフォンのみが19%、という構成になっている。スマートフォンのみでの利用の割合は男性にくらべて女性のほうが高く、特に女性20〜34歳の F1 層では、27%までがスマートフォンのみで利用していることがわかる。

PC またはスマートフォンでの主要動画サービス週1回以上利用者の利用デバイス構成
PC またはスマートフォンでの主要動画サービス週1回以上利用者の利用デバイス構成

個別サービスの利用率をみてみると、各デバイスとも「YouTube」が最も高く、重複を除いた3デバイス トータルでは44%に達する。