ニールセンは、スマートフォン視聴率情報「Mobile NetView」、および PC 版インターネット視聴率情報 NetView の8月データをもとに、スマートフォンと PC の2スクリーンでのインターネットサービスの利用状況分析結果を発表した。

分析結果によると、PC からのインターネットサービス訪問者5,320万人に対し、スマートフォンからのインターネットサービスの利用者数は3,300万人と、63%まで拡大してきたという。

利用されているブランドのリーチをみると、スマートフォンでは1位から Google(97%)、Yahoo(90%)、Facebook(72%)、LINE(68%)、6位には Twitter(62%) とコミュニケーション関連サービスが上位を占めた。PC では、Yahoo(82%) に対し Google(57%) と Yahoo が盛り返した。

スマホでコミュニケーションサービス活発化、ニールセンがスマホ/PC 利用状況を分析
スクリーン別リーチトップ10

Facebook、LINE、Twitter のスマートフォンでの年代別リーチでは、LINE と Twitter は若年層でのリーチが極めて高かったが、年齢が上がるにつれてリーチが下がり、50代以上では50%前後になった。Facebook は10代へのリーチは他2サービスより低いものの、年齢が上がってもリーチ率は60%を超えていた。

Facebook、LINE、Twitter  スマートフォンでの年代別リーチ
Facebook、LINE、Twitter スマートフォンでの年代別リーチ

「コミュニケーション関連サービスのリーチ率は PC ベースでは30%前後が限界だといわれてきたが、スマートフォンがその壁を打ち破った。スマートフォンは、ユーザーの嗜好を反映しやすいため、企業はターゲット層に効率よくリーチするため詳細なスマートフォン利用動向を把握する必要がある」と同社シニアアナリストの中村義哉氏は語った。