日本 IBM は、企業の信用審査から契約書作成までを PC で行う Web アプリ「フレンズ II」に加え、モバイル環境で同様の機能を提供できるモバイルアプリ「フレンズ II モバイル・アプリケーション」を発表した。モバイル機器専用 Web サイトから無償で配布する。

「フレンズ II モバイル・アプリケーション」は IBM パートナー向けのアプリで、顧客の IT ライフサイクルに適した IT 製品のリース ファイナンシングを提案し、それに付随する契約業務を迅速に提供できるようにするもの。

IBM パートナーの提案する IT ソリューションの情報/製品カテゴリ/リース期間/概算費用などの基本情報を、Android/iPhone/BlackBerry などのモバイル機器専用アプリ画面から入力すると、信用審査の申請/承認状況の確認/リースの見積試算/契約書の作成などを最短15分で確認できる。

「フレンズ II モバイル・アプリケーション」は、リース/ファイナンス業務を担当する IBM グローバル ファイナンシング(IGF)が2012年に発表した、IBM パートナーが担当する案件と、その顧客に対する40億ドルの資金枠を準備した施策の一環として開発された。

日本 IBM、パートナー向けモバイルアプリを無償配布
IBM グローバル ファイナンシング Web ページ

IGF のプログラムは、必要条件を備えた企業や行政機関に提供されている。取引可能価格は50万円から3,000万円(上限)で、その料率は、顧客の信用格付け、金利などのファイナンシング条件、オファリングの種類、機器の種類、および各種オプションに基づいて定められる。