富士通は、民間企業の健康管理サービスビジネスを支援する「FUJITSU ユビキタスサービス からだライフ ヘルスケアサポート」を発売した。民間企業のヘルスケア分野サービスの立ち上げや拡充を早期に実現させ、専用アプリのお知らせ機能や振り返りのメールにより、恒常的な顧客接点ツールとして利用することもできる。

富士通、企業の健康管理サービスビジネスを支援する「からだライフ ヘルスケアサポート」発売
からだライフ ヘルスケアサポートの概要

「からだライフ ヘルスケアサポート」は、健康管理に必要な歩数や体組成情報の記録、振り返りを、対象者のスマートフォンでできるサービス。

企業は本サービスを導入後、顧客に専用アプリケーション「スマホ歩数計」のインストールを案内する。顧客の歩数や体重、血圧などの情報をクラウドサーバーに収集し、顧客の事前の了解のもとマーケティングなどに活用できるという。