日本マイクロソフトは、企業などの広告主がリアルタイム入札システムでオンラインのプレミアム広告を購入できるサービス「Microsoft Advertising Exchange」を開始した。

広告主は、閲覧ユーザー属性などのオーディエンスデータや、広告掲載面の品質などを評価したうえで価格を決定し、希望する広告事業者経由で入札できる。

日本マイクロソフト、オンライン広告の自動取引サービス「Microsoft Advertising Exchange」国内展開開始
現在在庫が提供されている MSN トップページ

現在このサービスが提供している在庫は同社の「MSN」や「Skype」のみだが、今後はメディアパートナーの在庫も提供する予定だという。