ウェザーニューズは、秋の紅葉シーズンに向けて、全国各地の紅葉見ごろ傾向と、紅葉の名所の見ごろ予想日を発表した。

今年は夏の日照時間が十分であり、秋晴れが予想されるため葉の色づきは全国的に良好だという。ただ、今後発生する台風の進路によっては、葉がダメージを受けて色づきに影響する可能性がある。

ウェザーニューズの紅葉見ごろ予想発表、時期は例年並みで色づき鮮やか
全国の見ごろ予想マップ

東日本の平野部や西日本は例年並みで、11月中旬から12月上旬にかけて紅葉の見ごろシーズンを迎える。一方、例年9月中に見ごろを迎える東北や中部の標高の高い山では、残暑の影響で例年より紅葉が遅れる可能性があるという。

地域別の見ごろ予想マップ(関東)
地域別の見ごろ予想マップ(関東)

また、人気紅葉スポットの鳴子峡は10月23日頃、香嵐渓は11月17日頃、嵐山は11月18日ころに見ごろを迎える。

同社は今後、紅葉見ごろ予想日や紅葉狩りの計画に役立つ情報などを、スマートフォンアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」で公開していく予定だという。