ニフティは、PC/スマートフォン向けニュース配信サービス「@nifty ニュース」用の閲覧アプリケーション「@niftyニュースアプリ」(Windows 8版、iOS 版Android 版)が、提供開始から約7か月で合計100万ダウンロードを超えたと発表した。

さらに、iOS 版および Android 版ユーザー40万人の利用データからスマートフォン/タブレット利用者の利用傾向を分析した結果、利用している端末の種類は、スマートフォンが81.0%、タブレットが19.0%ということが分かった。

ニフティ「@nifty ニュース」用アプリが100万 DL 突破、スマホ利用者が8割
アクセス端末の比率

平均利用時間はスマートフォンが5分23秒、タブレットが6分36秒で、タブレットの方がかなり長い。利用時間帯については、スマートフォンは12時台にピークがあり、タブレットでは12時台だけでなく20時台から23時台にも利用が増える。

利用時間帯 (上:スマートフォン、下:タブレット)
利用時間帯
(上:スマートフォン、下:タブレット)

また、iOS 版に搭載されている「Facebook 連携機能」の利用者は、男性が全体の84.0%で女性をはるかに上回った。特に、35歳から54歳の男性という層が多く利用している。

「Facebook 連携機能」利用者の性別/年代
「Facebook 連携機能」利用者の性別/年代