ネスレ日本は、米国 Google が次期モバイル機器向け OS「Android 4.4」の開発コード名を「KitKat(キットカット)」に決めたことを受け、チョコレート菓子「キットカット(Kit Kat)」の購入者のなかから抽選で合計3,000名にAndroid タブレット「Nexus 7」をプレゼントするキャンペーンを開始した。キャンペーン期間中は、対象商品のパッケージに Android OS のマスコット キャラクタである通称「Droid(ドロイド)」をあしらった特別品も販売する。

ネスレ日本、「Android 4.4 KitKat」記念で「Nexus 7」プレゼント キャンペーンを開始
Android 4.4 KitKat 記念キャンペーン
(出典:ネスレ日本)

 
左:ドロイド君をあしらった特別パッケージ(出典:ネスレ日本) 右:少量販売される“ドロイド君型”バージョン(出典:Nestle)
左:ドロイド君をあしらった特別パッケージ(出典:ネスレ日本)
右:少量販売される“ドロイド君型”バージョン(出典:Nestle)

このキャンペーンは、英国 Nestle と Google が通称「Android KitKat」となる Android 4.4 を記念して世界で実施する共同キャンペーンにもとづき、日本国内向けに展開するもの。キットカット日本発売40周年を祝うキャンペーン「ありがとう & Have a break」の一環でもある。

Nexus 7 プレゼント キャンペーンの対象商品は、「キットカット」40周年袋入りの「キットカットミニ15 枚入」、「キットカットミニオトナの甘さ 13 枚入」、「キットカットミニオトナの甘さストロベリー 12 枚入」(9月23日発売)。パッケージ裏面の応募マークを5枚集めて応募すると、合計3,000名に Nexus 7 とクーポン券「Google Play 500 円分」がセットでプレゼントされる。キャンペーンは、対象商品がなくなり次第終了する。また、最終応募締め切りは2014年2月28日。

対象商品 (出典:ネスレ日本)
対象商品
(出典:ネスレ日本)

なお、Google は Android の各バージョンの開発コード名として、アルファベット順にお菓子の名称を選んできた。今回の Android 4.4は「K」で始まる必要があったため Kit Kat を候補に選び、販売元である Nestle から使用許可を得た。

Google は Android KitKat の紹介ページで、「Android 1.5」(開発コード名「Cupcake」)以降に使われるようになったお菓子の開発コード名と各バージョンの概要を解説している。バージョンとそれぞれの開発コード名は以下の通り。

・Android 1.5(Cupcake)
Android 1.6(Donut)
・Android 2.0/2.1(Eclair)
Android 2.2(Froyo:Frozen Yogurt)
・Android 2.3(Gingerbread)
・Android 3.0/3.1/3.2(Honeycomb)
Android 4.0(Ice Cream Sandwich)
・Android 4.1/4.2/4.3(Jelly Bean)

Android 4.4 KitKat 記念キットカットの紹介ビデオ
(出典:Nestle)