パナソニックは「防災意識に関する調査」を実施し、その結果を公表した。それによると、2人に1人は「東日本大震災後、防災意識が徐々に薄れている」ことや、7割以上の人が「災害への備えが不十分」と感じていることなどが明らかになった。

同調査は、東京圏、関西圏に居住する1,040名を対象に実施。調査期間は2013年7月、調査方法はインターネットによる。

まず、大震災がまた近いうちに起こると思うか尋ねたところ、「近いうちに必ず起こる」と回答した人は、半数近い45.8%にのぼった。一方で、東日本大震災後の防災意識については、50.2%の人が「大震災直後は意識が高まったが、徐々に薄れている」と回答。「震災をきっかけに防災意識が高まり、現在も持続」している人は17.4%にとどまっている。

2人に1人が「東日本大震災後、防災意識が徐々に薄れている」と回答--パナソニック調査
大震災はまた近いうちに起こると思いますか(左)
東日本大震災後の防災意識の変化(右)(出典:パナソニック)

また、災害への備えについては、「不十分」が32.8%、「どちらかというと不十分」が39.9%で、合わせると7割以上の人が不十分と感じていることがわかった。また地域別に見ると、「不十分」「どちらかというと不十分」と回答した人の割合は、関西圏の方が10ポイント近く東京圏を上回っている。

災害の対策状況(左) 居住地別の災害の対策状況(右)(出典:パナソニック)
災害の対策状況(左)
居住地別の災害の対策状況(右)
(出典:パナソニック)

また、防災用品に対する考え方を尋ねたところ、「日常生活でも使える防災用品なら準備してもよい」が45.9%、「防災用だけで準備するのはもったいない」が5.4%となり、約半数の人が、日常的にも使用できる防災用品を求めていることがわかった。

防災用品に対する考え方(出典:パナソニック)
防災用品に対する考え方(出典:パナソニック)

同社は、人々が大震災の再来を予想しながらも、防災に対する意識が後退している現状が浮き彫りになったとして、自宅における防災の見直しを呼びかけている。