ソフトバンク BB の「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」ブランドは、2,000mAh スマートフォン用モバイルバッテリ「smart energy high speed 01」を、8月30日に発売する。SoftBank SELECTION 取扱店および SoftBank SELECTION オンラインショップにて販売。同オンラインショップでの価格は5,520円(税込)。

同製品は、付属の高出力 AC アダプタにより、容量 2,000mAh の内蔵電池を約60分で充電可能。従来の SoftBank SELECTION 製品と比べ、3倍の速さでモバイルバッテリ自体を充電できるという。バッテリ本体は無駄を省いたコンパクトなデザインで、電池残量を LED インジケーターで表示する。

「SoftBank SELECTION」よりスマホ用新型モバイルバッテリ発売、「充電」に関する調査を実施
持ち歩きやすいスマートなデザイン

製品発売に合わせて、SoftBank SELECTION では20〜59歳のスマートフォンユーザー男女800人を対象に、スマートフォンの「電池の持ち」や「充電」に関する意識・実態調査を実施。

調査結果によると、スマートフォンユーザーの77.9%が電池切れに恐怖感を抱いており、「電池切れの状態に1時間以上耐えられない」とするユーザーは4割以上にものぼった。

1時間以上の「電池切れ」に耐えられないユーザーは4割以上
1時間以上の「電池切れ」に耐えられないユーザーは4割以上

また、電池切れの恐怖に匹敵する日常シーンを尋ねたところ、全体では「財布を無くすこと」(33.3%)、女性では「人気のない夜道を歩く」(36.5%)、「ゴキブリなどの虫がでること」(27.3%)を挙げる人が多かったそうだ。

スマートフォンの「電池切れ」と同等の恐怖を感じる生活シーン
スマートフォンの「電池切れ」と同等の恐怖を感じる生活シーン

なお、こうした対策として、2人に1人が「スマートフォン用のモバイルバッテリー」を所有しており、普段から持ち歩いている人は4割を超えるという。